2016年12月28日

ここまで進化したアンチエイジング 前編

ずっと前に届いてたけど置いたままにしてた日経BPが発行してる美容情報のフリーペーパー『et Rouge』No11。遅ればせながら今日開いてみたら、載ってた最新の美容情報に思うところがたくさんあったわ。
20161228200828085.jpg
表紙に「私の10年後は。」って書いてるのは、
特集のアンチエイジングの記事に繋がっていたんやな。

アラフォーやし既にアンチエイジングを意識する年齢やけど、10年後を考えたらさらに恐ろしいやん?
でもね、美容医療の進歩が目覚しいようで、お金さえあればどこまでも若さを保てそうな域まできてるみたい。

比較的お手軽なところでゆうと、
顔のシワを消してハリをもたせる美容液が、ポーラ・メナード・カネボウといった老舗化粧品メーカーから続々出ている。
・リンクルショット メディカル セラム(ポーラ)
・オーセント クリームU(メナード)
・DEW ボーテ モイストリフトエッセンス(カネボウ)
ポーラのんは、厚労省が効果を認めてるというから、実証効果があるんやろう。


ポーラとメナードっていかにもお金持ちのマダムが使ってそうな高級化粧品のイメージ。上に挙げたポーラの美容液はまだ手が出せても、メナードのはなんと10万円。12月21日に発売されたばかりで、「使った直後からギュッと引き締まるような手応えを感じさせる」らしい。なんか塗んのがちょっと怖い。

本格的な美容医療の方はもっとすごいことが書いてあった。次回ブログにてご紹介します。

stay tune♪美瑛


posted by 美瑛 at 18:56| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 美容and健康本レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。