2016年05月31日

幻の55枚目のマウスピース

マウスピース矯正もコツコツと続けていまして、
今は57枚目を装着中。

前回は50枚目のマウスピース報告をしてたやん?
《50枚目のマウスピース 上は既に固定モード》
ファイナルの67枚目に近づいてきたとゆうことで、10枚ごとにブログでの進捗報告してたんを5枚ごとにしよう、って思ってたん。

でも、54枚目を装着してる時に矯正歯科の定期診療の日やって、
先生に状況チェックしてもらった後、渡されたマウスピースを填めたら、それ56枚目のんやってん。
55枚目まで先にもらってて家に置いてあったから、先生が次は56枚目なんやろ、って思って渡してくれたらしい。

先生に「次のんまで家にありますけど」ってゆったら、
「え?そうなの?填まってるみたいだから、まぁいんじゃない」って答え。

結構アバウトなんやなー って思ったけど、いっこ飛びに進めるならわたしも嬉しいから、そのまま先に進めてしまった。
なので、この55枚目は、使わないままの幻のマウスピースとなったのでした。
KIMG1790.jpg

50枚目の報告にも書いたけど、今は既に上の歯は固定モードになってて、動かしてるのは下の歯なん。
だから今は、少しでも下の歯の装着時間を長くしようと、
上のマウスピースを先に外してから下のマウスピースを外したり、
下のマウスピースを先に填めてから上のマウスピースを填めるとゆう微妙な努力をしてる。
あんま意味ないかも、やけど。塵も積もればの精神で。

Love♪美瑛


posted by 美瑛 at 20:09| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 大人の歯の矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月30日

保険加入の必要性を考える2『生命保険のカラクリ』

昨日のブログ《保険加入の必要性を考える1『保険会社が知られたくない生保の話』》に続きまして、
もう1冊読んでおくべき保険の本がこれ↓↓
『生命保険のカラクリ』

出版社:文藝春秋
著者:岩瀬大輔

これを読んでから保険に入るのと読まないで入るのとでは、きっと選択する保険が全然変わってくるはず。
自分の一生に関わることやから、読んどきましょう。

多くの人が知らんで加入してるんやろうなって思うのが、
「定期保険特約付終身保険」とゆうもの。
人が死んだら何千万円もの保険金が支払われるイメージあるから、たいていの人は、自分が死んだらそれだけのお金が家族に入ると思ってるかもしれやん。でも、実はほとんど大多数の人には数百万円しか支払われてはいないん。

なぜかとゆうと、高額な保障がある(定期保険特約が効いてる)のは60歳くらいまでで、
それを過ぎると本来の保険の部分(終身保険)だけが残り、その金額は200万円くらいなもんやから。

保険契約の約款が分かりづらいために内容を理解しないまま契約してる人が多い、
だから、裏はこういうカラクリになってるんですよと教えてくれる本です。

こうゆう本読むと、自分の加入してる保険について「大丈夫なんかな」って不安が湧いてくる。
わたしは保険マンモスに相談したし、保険の乗り合い代理店も増えてるから、
悩んでるくらいなら、いっかいどっかに相談してみたらよいかもって思います。

Love♪美瑛
posted by 美瑛 at 19:07| 東京 🌁 | TrackBack(0) | 美容and健康本レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

保険加入の必要性を考える1『保険会社が知られたくない生保の話』

昨日の美容and健康本レビュー
《まんしゅうきつこ(実は美人)のアル中記『アル中ワンダーランド』》
とは、ガラリと毛色は違うけど、これも広義には健康カテゴリーに入れてOKよね?

裏話的な生命保険の本2冊連続して読んで、
別に保険に入らんでええんとちゃうん?って、思えてきたとゆう話です。

今日はまず1冊目。
『保険会社が知られたくない生保の話』

出版社:日本経済新聞出版社
著者:後田享

病気になった時にかかる医療費の金額と、それに対して保険でいくら支払われるのか、実態がよく分からないまま保険に入ってる人多いと思う。
入院したり、手術する機会なんてそんなにないのに、それに備えて月額結構な金額を払い続けるのってどうなんやろう?
公的な健康保険でカバーできることも多いのに。
たとえ大変な病気にかかったとしても、高額療養費制度とゆうのがあるから実質の負担額は抑えられる、とか知らん人も多いんやろうな。

著者の後田さんは、
大手保険会社(日本生命)、保険の乗り合い代理店、今は独立し「保険相談室」代表をしているとゆう経歴で、いろんな業態の保険業界を知ってる保険のプロ。

タイトルにある通り、業界関係者からすると「こんなこと知られたらヤバイ」って怒りそうなこともかなり書いてくれてる。
保険に入る前に読んでおくべき本やで。

次回もそんな本のご紹介です。

stay tune♪美瑛
posted by 美瑛 at 20:15| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 美容and健康本レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。